• 会員登録 ログイン

Ryumyaku "Anagama" Pot 010 (Wood Fired Red) + Euphorbia obesa hyb. (valida) [Sold out]

龍脈 "穴窯" 010 (ウッド ファイヤード レッド) [ TOKY ORIGINAL POT ] + ユーフォルビア・オベサ × バリダ
No
PPP-0881
Size
商品全体のサイズ:Φ7.5 × H10.5 (cm)
鉢単体のサイズ:Φ7.5 × H6 (cm)
株の高さ:5 cm
株元の直径:3.5 cm
Price
10,800yen [ 本体価格 : 10,000yen ]
SOLD OUT
ユーフォルビア・オベサ × バリダの古株と貴重なRyumyakuの穴窯によるハンドメイドポットの組み合わせ。

年に数回しか焼くことのない穴窯のウッドファイヤーレッドの鉢だけでもかなりの価値がありますがオベサ × バリダも大きさに比例して非常に長生きした古株です。

今春に農家さまより仕入れを行い、ほどなくして現在の鉢に植え替え数ヶ月が経過します。

2/3ほど木質化しており小さくとも年数を刻んだ片鱗が見て取れます。

次回の穴窯作品は来年リリースになりますので、それ以前で販売できるものはこちらだけとなります。


[ Ryumyaku Pot ]
愛媛の歴史ある龍泉窯を率いる池田麻人さんによるハンドメイドポット。 最大の特徴である流れるような美しい流線型は窯の名前からも分かるよう「龍の鱗をイメージした」と言うとおりどこか有機的で生命の息吹を感じさせる。
staff's voice

こんな組み合わせを見たことがありますか?私たちはこれしかありません。

ご注文前にご確認ください
  • こちらの商品は掲載写真のものをお届けいたしますが、植物ですので成長による変化(枝や葉の伸長、葉の増減、花の有無など)や季節により状態が異なる場合があります。予めご了承をお願いいたします。
  • 植物ですので、個体により葉・枝・幹などに若干の痛みや変色がある場合があります。
  • 植物に負担をかけないよう丁寧に梱包しておりますが、配送中に植物に多少の痛みや傾きが生じる場合があります。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • こちらの商品は他商品との同梱が難しく、送料が別設定になっております。全国一律1,000円(税抜)にてお届けいたします。
  • 管理方法

管理方法

置き場所 日当たりの良い風通しの良い場所で管理します。日光と通風が不足すると徒長してしまうのと蒸れに弱いところがあるので特に通風には注意が必要です。
夏場など、日光が強い環境では株が焼けてしまうことがありますので、適度に遮光するようにしましょう。
比較的寒さには強い個体ですが冬期は室内で管理することをオススメします。


水やり 夏(成長期)は土が完全に乾いたら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水をあげましょう。
ただし蒸れに弱いので他のユーフォルビアよりも水やりの間隔を空けて水やりをした方が良さそうです。徒長の原因にもなりますので水のやりすぎには注意が必要です。
秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、断水気味に管理します。ただユーフォルビアの根は細く枯れ死する可能性がありますので冬でも天気のよい暖かい日に月に1度ほど軽くお水をあげるといいでしょう。休眠明けの春から回数と量を控えめに水やりを開始し、少しずつ回数と量を増やしていきます。乾燥には強いので、梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。