• 会員登録 ログイン

TOKY Staff Blog
ショップからのお知らせや日々の新たな発見などの情報を発信します

お知らせ

転売防止措置商品のご説明
Products with resale prevention measures

2020.05.14

ソフビ製ともだち初号機など製品の一部を『転売防止措置商品』と位置づけます。
下記が該当する商品を購入する際にお客様の方で揃えて頂くものになります。
We position some products such as the TOMODACHI First machine  Sofubi as “resale prevention products”.
Please arrange for yourself when you purchase the following items.

 

 

【日本国内在住のお客様のみ】
ご注文後、2時間以内に下記の画像をid@toky.jp宛にお送りください、必ずご注文完了後に撮影してくださいメールの件名に必ずご注文番号を記載ください
下記でお送りしていただいた配送住所は弊社で登録させていただき、以降の『転売防止措置商品』をご購入いただいた場合も変更は出来ません。

 

id

(1).ご本人の顔と写真付き身分証明書(※1)を一緒に、そして日時もしくは場所(※2)が把握できるような状況で撮影された画像。
※1 免許証、パスポート、社員証、学生証、健康保険証、障害者手帳、在留カード 等
※2 TV、ニュースサイト画面、町名表示、ランドマーク等と共に撮影されたもの。

 

 

table

(2).写真付き身分証明書と送付先が異なる場合、住所の確認できる証明書。
(住民票、電気水道ガスなどの領収書 等)

 

 

下記の事項に該当すると当方が判断した場合はキャンセル処理をさせていただきます。
尚、キャンセルのご連絡は一切いたしません。
・購入から2時間以内に(1)もしくは(2)の画像を添付送信しなかった場合
・画像の文字情報や顔写真が判別しづらい場合(画質の荒れ、帽子、サングラス、マスクなどで顔を認識できない場合)
・Photoshopなどによる画像加工などの形跡が見られた場合
・転売屋、転売の恐れがあると当方が判断した場合

 

 

※『転売防止措置商品』の内容は状況を鑑みて変更する可能性がありますのでご了承ください。

 

———-

 

 

[For customers resident in Japan only]
Within an 2 hour or less after your order, please send the below image to id@toky.jp.Please be sure to shoot after ordering (Please be sure to include your order number in the subject line of the email).
The shipping address you sent below will be registered by our company, and you cannot change it when you purchase “products with resale prevention measures” at a later time.

 

(1) Along with a photo of a picture ID with your face, also include in the same photo something that shows the date (*) which is recognizable in the photo (Driver’s license, passport, employee ID, student ID, health insurance card, disability certificate, residence card, etc.)
*photographed together with a TV, News site, Town name display, landmark, etc.

 

(2) If the address on the picture ID and the shipping address is different, a certificate that shows your address (Resident’s card, electricity or water bills, etc.)

 

If we determine that one of the following items applies, we will cancel the order. Also, we will make absolutely no contact regarding cancellations.
- If the image of (1) or (2) were not attached and sent within 2 hour less from the purchase
- If the face or letters in the image is unclear (when the face cannot be recognized due to poor image quality, hats, sunglasses, or masks)
- When there are traces of image edits like using Photoshop – When we determine that there is a risk that you might be a reseller, or you might resell

 

*Please note that the contents of the “resale prevention products” may change depending on the situation.

 

大切なお客様へ、TOKYから重要なお知らせ

2020.04.07

logo

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、しばらくの間TOKY東日本橋実店舗の営業を行わないことを決定いたしましたのでご報告いたします。

 

 

「お客様にはご来店いただきたいけど不安な思いをしてまで来てほしくない…」
そんな気持ちで最近はお店を開けることが多かったので、思い切って実店舗は一時的に閉めることといたしました。

 

 

TOKYは元々2014年の11月にオンラインショップとして立ち上がったブランドで、2016年から実店舗を運営しています。 (最近は店頭で「オンラインでも買えるんですか?」という複雑な心境になるご質問を受けることも…笑)

 

 

Webサイトも改修を重ね、常に更新を行なっているので国内の園芸系のオンラインショップの中でも楽しくお買い物をしていただけるショップになっているのではないかと自負はあります。

 

 

ですので、今まで通りオンラインショップではお買い物をしていただけます。

 

 

そして私たちもこの機会に業務がルーティーン化していることへの見直しを含めてオンラインには更に力をいれていきます。

 

 

ただ、今後世界、日本がどうなるかはわかりません。

 

 

焦って園芸グッズを購入するのではなく、ご家庭の収支と見合わせてもし余裕がありそうなら是非当オンラインショップをご利用ください。

 

 

改めて、私たちも原点であるオンラインショップの運営を見つめ直す良い機会となればと思います。

 

 

実店舗で皆様と出会えたことは私たちの大きな喜びです。

 

 

必ず再開しますので、その際はまた改めてお知らせをさせていただきます。

 

 

それでは引き続き商品開発にも力を注いでまいりますので、オンラインショップをよろしくお願いいたします。

 

 

また実店舗でもお会いできる日を楽しみにしています。

 

 

planning

2014年3月、ホワイトボードに描かれたラフスケッチ。ここからTOKYが生まれました。
今とはかなり考え方の違う商品開発とサイト設計でした

消費税率改正に関する対応・休業のお知らせ

2019.09.19

2019年10月1日より、消費税率が10%に変更となります。

それに伴い、TOKYでは下記のように対応をさせていただきます。

 

 

1. 新消費税率の適用

2019年9月30日までに出荷済となるご注文分に関しましては旧税率の8%、2019年10月1日以降出荷となるご注文分についてはご注文日が9月であっても新税率10%が適用されます。

10月出荷となるご注文分については、出荷前に増税分をご請求させていただきます。

blog_tax_191001

 

 

 

2. 消費税率変更に伴うオンラインショップ休業

オンラインショップ内の価格変更対応のため、下記日程にて休業させていただきます。

下記期間中はご注文受付を停止させていただきます。

—–

2019年9月30日(月)11:00〜10月1日(火)18:00

—–

 

 

 

3. 9月出荷対応期限

2019年9月30日(月)10:59までに「配送希望日なし」でご注文いただき、ご入金済となっているご注文分については可能な限り9月30日に出荷をさせていただきます。

 

9月30日(月)10:59までにご注文いただいているものでも、ご入金確認が9月30日(月)10:59までに出来ないご注文分については10月出荷となりますので予めご了承ください。

 

また、先にご注文いただいている分から出荷準備をさせていただくため、配送が混み合う場合、9月30日出荷に間に合わない可能性もございます。その場合は消費税率10%が適用となりますので、余裕を持ってご注文いただけますようお願いいたします。

 

 

 

4. 10月からの配送料

消費税率引き上げによるヤマト運輸との契約配送料改定に伴い、10月出荷となるご注文分より、配送料を下記の通り変更させていただきます。

—–
北海道:1,370円
北東北:1,040円
南東北:930円
関東:930円
信越:930円
北陸:930円
中部:930円
関西:1,040円
中国:1,150円
四国:1,150円
九州:1,370円
沖縄:1,370円

※税込価格
—–

 

 

何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

次回以降の植物イベントWILDWOODにつきまして

2019.04.26

2017.10.13_09

 

 

TOKYが唯一参加していました大阪の植物イベントWILDWOOD。

 

 

次回から参加を見送ることといたしました。

 

 

ネガティブな要素は特に無く、TOKYの業務運営上の理由でそういう結論をださせていただきました。

 

 

私たちはこれまでよりも円滑にオンラインストアを運営し、実店舗営業日を増やしていくため、少し前から配送及び商品保管を行うためのフロアを新たに借り始めました。

 

いきなり大きく運営を変えることはなかなかできませんが、以前より欠品状態を減らし、実店舗を開けることができる日数を増やしていっています。

 

 

事業運営を行うフロアや管理する商品が増えた分、現在の人員体制では日々の対応に追われる状態となっており、お客様から特に多くご用命いただく時季にイベント参加をすることに無理が出てきておりました。

 

 

WILDWOODは野本さん(通称:ボス)主催のイベントで、TOKYは第一回目から参加させていただいております。

 

 

お誘いをいただいた当時、私たちは「先ずはオンラインストア、そして実店舗の充実」を念頭に動いているためにイベントには参加しない姿勢を取っておりました。

 

 

が…、ボスがわざわざ東京まで説得に来てくれたこと…その熱意と熱狂にほだされていつの間にか参加することになっていました…笑

 

 

出店者メンバーの方々もとてもいい方たちばかりで、お客さん以上に私たちが楽しんで参加できた素晴らしいイベントだったと思います。

 

 

この結論を出すまで私たちは何度も何度も悩みましたが、TOKYをご利用いただいているお客様、お世話になっている方々に引き続きよいものをご提供していけるよう、私たちのベースとなる部分をもっとしっかりさせていくことが、今、私たちにとって大切なことだということに考えが行きつきました。

 

 

次回からのWILDWOODはかなり大きな変化を迎えそうです(勿論いい意味で)。

 

 

前回よりも更に楽しいイベントになると思いますので益々のご愛顧をお願いいたします(私も見に行きたいくらいです!)。

 

 

ボス

キャサリン

WILDWOODメンバー

そしてご来場いただいていたお客様

 

 

本当に本当にありがとうございました。

 

 

またいつかWILDWOODに参加できることを夢見て精進してまいります!

 

 

TOKYのロゴをリニューアルしました。

2018.07.11

TOKyLogo

 

 

TOKYのロゴが生まれ変わりました。

 

 

旧ロゴは、私たちが自身で「こうありたい」という思いの元にデザインを行いました

 

 

説明は不要かもしれませんが…”パキポディウム・グラキリスを持つ手” が私たちであり、私たちが作る植木鉢という意味です。

 

 

時代を経て、私たちの役割や今後の未来に向かう方向性を考えると旧ロゴが私達自身を縛る制約と感じるようになりロゴの刷新を図りました。

 

 

今回はより客観性を重視する為に古くからの友人であり、尊敬するアートディレクターであるMIKATAの加藤さんにロゴデザインをお願いしました。

 

 

下記は何案も提案していただきつつ、新しいロゴの骨格が見えて来た際に頂いたコンセプトに関する説明です。

 

 

コンセプトは”狭間”。

 

 

上記のコンセプトは私たちが定義したものではなく、加藤さんにヒアリングしていただき”過去、現在、未来”を踏まえつつ導き出されました。

 

 

 

TOKYさんは「闘っている」と感じました。
 

ぶつかり合う戦い方だけではなく、悩み考え、最適な解を、一生懸命迷いながら模索してる。
 

そのために惜しまずに様々なことと戦ってるなと感じました。

 

TOKYさんの抱える迷いは、けしてネガティブなものではなく、むしろ信頼を感じる姿でした。

 

だからその迷いをポジティブにロゴマークのコンセプトにしようと考えました。

 

そのキーワードが“狭間”です。

 

植物と器の狭間、流行りと文化、ビジネスとライフワーク、生産者と販売者。

 

全ての狭間に誠意を持って接し、パワーに変えTOKYができている。

 

ロゴマークとしての意匠は、上部が植物、下部が器ですが、あくまで代表としてのモチーフであり、コンセプトとしてはその間に存在する空間がTOKYそのものであるということ。

 

その狭間には、様々な間に存在する気持を込めてロゴマークとしています。

 

 

 

私たちも企業ロゴ(CI/VI)をデザインしていた過去があるのですが、私たちですら表現することの出来ないようなモヤっとした部分まで解説いただくほどに思いを理解し、そして形にしてくれたと思います。

 

 

 

 

 

上部の模様は不思議で魅力的なまだ見ぬ植物を表し。

 

 

下部は根のしっかりと張った植木鉢を表し。

 

 

そして私たちTOKYはいつもその狭間にいる。

 

 

 

 

 

そんな思いが伝われば良いと思っています。

 

 

言わずもがなですが、ジオメトリックなTOKYのロゴも、落款もありものではなく加藤さんの手作りです。

 

 

細かい部分で言えば、旧ロゴに付属していたタグラインであるTokyo Plants Styleは割愛しました。

 

 

どこか東京のスタイルを押し付けるような印象を持ち始めていたからです。

 

 

それが悪いとは思っていませんが、世界は広いですしそのタグラインが制約にもなってしまうと感じました。

 

 

なのでそれは消えつつも右下に配置された「東」の落款は日本のモノヅクリを彷彿とさせつつ「東京」「東日本橋」を完結に表しています。

 

 

現在世界中からのオーダーを受ける私たちにはこの表現がとてもしっくりときています。

 

 

ロゴが変わったからと言って目に見えて何か変化があるわけではありませんが、私たちの進むべき道をこのロゴが表してくれています。

 

 

このロゴが指標となり、私たちがブレることなく道を照らしてくれると信じています。

 

 

最後になりましたが、半年以上粘り強くロゴを提案してくれた加藤さん、本当にありがとうございました。

 

 

数年後、数十年後にまたロゴの改修をお願いしますのでその時もお付き合いください。

 

1 2 3 8