• 会員登録 ログイン

TOKY Staff Blog
ショップからのお知らせや日々の新たな発見などの情報を発信します

ウィンゾリー

仕入れに行ってきました

2015.03.03

少し暖かくなってきたので仕入れに行ってきました。

ハウスの中は40度近くあり植物たちもイキイキしていました。

 

幾つか面白いものも仕入れたのですがそれは後日Pot+Plantsでご紹介したいと思います。

ハウスの中で見かけた気になった植物をご紹介します、ちなみに写真のほとんどが非売品でした 泣

 

DSC00508泣く子も黙るマダガスカルの宝、パキポディウム・ウィンゾリーの良形。それほど大きな株ではありませんでしたが頭頂部で綺麗に2分岐した面白い形状のウィンゾリーです。

 

Cites(ワシントン条約)の1類(※)なのでその希少性は言わずもがなです。貴重な個体なので手に入れたらものっすごく大事にしてほしいです、TOKYでも初夏に幾つかウィンゾリーを出していきますので一生可愛がってほしいです。

 

※ワシントン条約の1類に分類されたものは絶滅の危険性があるので学術的な理由がない限りは輸出入が禁止されています。

 

 

DSC00500

こちらはとんでもない大きさの観峰玉、フォークイエリア・コルムナリスです。

これだけ大きくラウンドフォルムのものはなかなか見れないのではないでしょうか。

 

現地では長く木のようになったものが多いらしいので良い感じに作り込まれているのでしょう。欲しいですね〜〜〜・・・

 

 

DSC00501

パキポディウム・エブレネウムの白花が元気に花を咲かせていました。

こんなに不思議な造形の株からこんなに綺麗な花が咲くなんて、これだから多肉植物はやめられません。

 

 

DSC00506

上でも紹介したフォークイエリア科のファッシクラータです。観峰玉よりも風流な佇まいに感じます。こちらはCitesの1類なので見る度に両手を合わせて拝んでしまいます、まさにメキシコの宝です。

 

ここにある幾つかは中心から伸びる枝が落とされて株を丸くつくる試みが施されていました。

 

 

DSC00499

そしてこちらが今回一番気になったパキポディウム・グラキリス。

よく見ると何か変ですよね、そう、枝が1本しかありません!通常は3本以上あると思うのですが…まるでコロ介です、可愛い!!

 

マダガスカルのとある地域にだけ生息するらしい大変珍しいタイプのグラキリスだそうです。これは本当に欲しかったなぁ。。

 

 

というわけで仕入れに行った農家さんでTOKYが気になった植物たちをご紹介させていただきました。

でも、珍しい!というだけで購入するのではなく家族を迎えるような気持ちで植物を購入してくださいね!