• 会員登録 ログイン

TOKY Staff Blog
ショップからのお知らせや日々の新たな発見などの情報を発信します

ハオルチア

磁器の可能性を探る

2016.12.15

“東京の陶器” だから当ブランド名は「TOKY (トーキー)」。

 

 

でも一部磁器も扱っています。となると「JIKY (ジーキー)」もありか。。。

 

 

そこは磁器も含めて「TOKY」でご納得していただけると助かります。

 

 

と言うわけでTOKY初のオリジナル磁器が完成しましたのでご紹介させてください。

 

 

pto-0001_01

名づけて…「Tooth Pot」そう、読んで字の如く歯の形をした鉢です。

 

 

え、鉢に見えない?そう…実は上蓋を外して受け皿にすることができると言う世界初!! (おそらく)蓋付きの植木鉢です。

 

 

pto-0001_06

植えるのは勿論、歯オルチア(ハオルチア)が個人的にオススメです。

 

 

植える深さを調整すれば上から蓋をすることもできます。蓋をしても何も起こりませんがそういったインタラクション性が園芸の世界に存在していないと思い作ってしまいました。

 

 

でもそれほど深さが無いのでハオルチアの様な太く長い根を持つ植物を植える際はあまり無理をせずお願いしますね。

 

 

pto-0001_07

歯の詰め物は純金と樹脂を混ぜたモノを塗り込み焼成すると金のみが浮き上がるという…どうでも良いところに時間と費用をかけてしまいました。

 

 

鉢は蓋と受け皿が兼用になった機能を持っているため鉢とのかみ合わせを実現させるためにかなりの時間と手間を要する見た目の可愛さに相反してハードコアな鉢なんです。

 

 

制作しているのは工事現場のショベルカーで土を掘り返している時に「お前は焼き物を作りなさい」と言う神の声を聞きいきなり陶芸家になった鬼才“土師吉田 (ハジヨシダ)”さんです。

 

 

d1c623_32816394aee2490db4c960a9dee8d893

吉田さんの作った陶板、だいぶ変態ですね…

 

 

TOKYは男臭いプロダクトもあれば女性的なものもある。でも少しだけ変なプロダクトもあったらいいなと思ってコラボレーションさせてもらいました。

 

 

磁器は通気性という意味で言うと植物の生育に決して向いている素材ではありません。

 

 

でも土の構成や管理する環境によっては普通に、普通以上に植物をイキイキとさせることだって可能です。

 

 

先日リリースされたこちらのプロダクトも実は磁器でできています。

 

 

Webストアでの発売は近日中となりますのでよろしくお願いします!!