• 会員登録 ログイン

TOKY Staff Blog
ショップからのお知らせや日々の新たな発見などの情報を発信します

パキポディウム

幸せのバトンタッチ!?

2015.09.06

この恵比寿笑いは国内の実生で生産者さまから直接仕入れさせていただきました。

 

Unknown-3

 

その方と後日メールをしていると「自分が作った植物がTOKYサイトに上がっていると嬉しい」と言っていただきました。

 

 

生産者の方は売ってしまえばその後はその植物がどのような道を辿るかほとんど知ることがありません。

大切に育てた植物のバトンをTOKYが預かりしっかりと仕立て、養生し、撮影、文章を書いて販売する。

 

 

次の方へバトンを渡すためにTOKYはもちろん全力を尽くしますがそのさまを生産者の方に見て頂くことでまた素晴らしい植物をTOKYに卸していただく。

 

 

TOKYは植物屋さんではありませんがその理想的なサイクルを長く続けることは植物を扱う身としてとても大事です。

なにより生産者の方の喜ぶ声を聞くのは嬉しいものです。

 

 

植物は生育する人の環境やスキルもあるので難しい部分もあるのですが卵や野菜みたいに「生産者の○○さん」みたいに紹介できると面白いかなぁ、などと妄想しています。(今の植物業界を見るとそれはとても難しいと思いますが)

 

幸せのバトンタッチを成功させるために日々精進するTOKYをよろしくお願いします!!

 

 

実生をしようそうしよう!!

2015.07.23

先日TOKYで管理するパキポディウム・ホロンベンセの大株の種ざやから沢山の種が採れました。

 

IMG_9340

とても沢山の種が採れました!

 

 

IMG_9345

これで2さや分、全部で4さや分採れました。

 

 

ということで早速蒔いてみました!

大きめの小苗育成用鉢に小粒の赤玉土、鹿沼土、ピートモスを配合しカビが生えないように沸騰した熱湯をかけ冷ましつつ種を蒔きました。

 

IMG_9828

発芽の際にはかなりの温度と水分が必要なので受け皿には常に水を入れつつ良い感じに蒸すようにラップで鉢を覆いました。
通風も多少必要なのでラップには穴を開けつつ完全に密閉せずに少し空気が入るようにしておきました。

 

 

今回は普通に蒔いたモノと半日メネデール入りの水につけ込んだ種を2種類用意してみました。すると…

 

IMG_9826

メネデールに漬け込んだ種の方がかなり早く発芽しました!

 

 

現在は普通に蒔いた種も順調に発芽していますがやはり発芽までのスピードはメネデールに漬け込んだモノの方が早い印象が強かったです。

ちなみに実生に詳しい方に何人かお聞きしたところ幼苗の時には肥料は極力使わない方がいいみたいですね。

 

 

成長は早いみたいですがギュっと詰まらず間延びしてしまうことが多いようなので、やはりパキポディウムは詰まった株姿がいいですもんね!

ちなみに他にもドルステニア・フォエチダやユーフォルビア・バリダなども実生しておりますが同様に順調です。

 

IMG_9829

手前がフォエチダ、葉が旺盛すぎて見えませんがすでに塊根が形成されつつあります。

 

 

植物の楽しみ方は千差万別、人それぞれ。

普及種を良形に作り込んだり種を蒔いて苗を作ったり。

 

植物を好きになりかけてたり、なりつつある人への楽しい架け橋が作れればいいなと思ってます。

 

興味があってまだ実生にチャレンジしてない方は是非この季節に試してみてはいかがでしょうか?

 

 

仕入れに行ってきました

2015.03.03

少し暖かくなってきたので仕入れに行ってきました。

ハウスの中は40度近くあり植物たちもイキイキしていました。

 

幾つか面白いものも仕入れたのですがそれは後日Pot+Plantsでご紹介したいと思います。

ハウスの中で見かけた気になった植物をご紹介します、ちなみに写真のほとんどが非売品でした 泣

 

DSC00508泣く子も黙るマダガスカルの宝、パキポディウム・ウィンゾリーの良形。それほど大きな株ではありませんでしたが頭頂部で綺麗に2分岐した面白い形状のウィンゾリーです。

 

Cites(ワシントン条約)の1類(※)なのでその希少性は言わずもがなです。貴重な個体なので手に入れたらものっすごく大事にしてほしいです、TOKYでも初夏に幾つかウィンゾリーを出していきますので一生可愛がってほしいです。

 

※ワシントン条約の1類に分類されたものは絶滅の危険性があるので学術的な理由がない限りは輸出入が禁止されています。

 

 

DSC00500

こちらはとんでもない大きさの観峰玉、フォークイエリア・コルムナリスです。

これだけ大きくラウンドフォルムのものはなかなか見れないのではないでしょうか。

 

現地では長く木のようになったものが多いらしいので良い感じに作り込まれているのでしょう。欲しいですね〜〜〜・・・

 

 

DSC00501

パキポディウム・エブレネウムの白花が元気に花を咲かせていました。

こんなに不思議な造形の株からこんなに綺麗な花が咲くなんて、これだから多肉植物はやめられません。

 

 

DSC00506

上でも紹介したフォークイエリア科のファッシクラータです。観峰玉よりも風流な佇まいに感じます。こちらはCitesの1類なので見る度に両手を合わせて拝んでしまいます、まさにメキシコの宝です。

 

ここにある幾つかは中心から伸びる枝が落とされて株を丸くつくる試みが施されていました。

 

 

DSC00499

そしてこちらが今回一番気になったパキポディウム・グラキリス。

よく見ると何か変ですよね、そう、枝が1本しかありません!通常は3本以上あると思うのですが…まるでコロ介です、可愛い!!

 

マダガスカルのとある地域にだけ生息するらしい大変珍しいタイプのグラキリスだそうです。これは本当に欲しかったなぁ。。

 

 

というわけで仕入れに行った農家さんでTOKYが気になった植物たちをご紹介させていただきました。

でも、珍しい!というだけで購入するのではなく家族を迎えるような気持ちで植物を購入してくださいね!

Pot+Plantsの出荷について

2015.02.11

 

DSC00248

パキポディウム・ブレビカウレ(恵比寿笑い白花)

 

 

2月11日現在ですが東京都内の最低気温は0度くらいになることがまだ多いです。

 

特に配送センターは暖房などが配備されていないことが多くとても寒いので現在耐寒性の低い植物の出品をなるべく避けています。
(特に夏型種、パキポディウム、ユーフォルビア、ドルステニア、アデニア、コミフォラ、ヤトロファなど…)

 

ストックは幾つかあるのですがその辺りの植物は春にならないとストアにアップは難しそうです。

 

また春になっても寒冷地にお住まいの方は特に地元配送センターの温度にも気を遣って購入いただけると植物にも優しいかと思います。

 

そんな神経を使う植物もいいですがTOKYのグッズなら寒さ知らずです!(宣伝)

 

暖かくなったら鉢も植物も更にラインアップを充実させるのでしばしお待ちくださいませ!!