• 会員登録 ログイン

TOKY Staff Blog
ショップからのお知らせや日々の新たな発見などの情報を発信します

新商品

TOKY初の用土 best soil mix !!

2017.03.14

プラントラバーのみなさま、こんにちは。

 

 

「用土の販売をしてほしい」というお客様の声を希にいただくことがありました。

 

 

Pot+Plnatsを作る場合や管理用の用土は勿論自家製のものを作って使っています。

 

 

農家さんや趣味家の方などの意見を参考にし基本用土として赤玉土、鹿沼土、日向土、炭、軽石などを独自の配合で混ぜ作っておりました。

 

 

ただ、土だけで販売するほどの絶対的な自信が持てなかったことと実際にそれらを混ぜて販売するほどの時間も在庫置き場も無いので実現はしておりませんでした。

 

 

そんな時に偶然なのか必然か出会った用土。

 

made by BANKS Collection “best soil mix”

 

 

新しい園芸の未来を作るブランドBANKS Collectionのプラントキュレーター杉山拓巳さんが長い時間をかけて開発した珠玉の用土。
(詳しくは商品ページを見てください)

 

 

実は以前自宅で「マツコの知らない世界」というTV番組を観ていた時に観葉植物の育て方に関する特集を行っていたのを偶然見かけました。
(普段家でTVをほとんど見ることが無い私たちがその番組を見れたことはかなりの幸運だと言えます)

 

 

その特集で登場していたのが他でも無い杉山拓巳さんでした。

 

 

マツコさんと楽しそうに話すその姿は本当に植物を心から愛してやまず、そして深い造詣と知識がある人なんだろうなぁと羨望の眼差しで見ていました。

 

 

その当時私たちは植物や植木鉢に対して覚えなければいけないことが多すぎて自分たちの状況を楽しむような余裕も自信もなかったのです。

 

 

「いつかこんな人と仕事がしてみたいね」TVに映るキラキラとした杉山さんの笑顔を見て話をしたことを覚えています。

 

 

そして時は流れ、ある人物の手引きによりTOKYで杉山さんの開発する用土を取り扱うこととなりました。
(サラっと書きますが素晴らしい出来事の連続でした)

 

 

現在TOKY内部で管理(発根管理も含む)を行っている多くの植物の用土にはこのbest soil mixが使われています。

 

 

植え込んでまだ抜いた植物が無いのですがどの植物も色鮮やかに育っていますし、この用土を使っている農家さんも「根がパンパンに張ってとにかく植物が元気」と太鼓判を押していました。

 

 

まずは手にしてその土を触ってみてください。

 

 

見た目の美しさとともに徹底的に微塵が取り除かれた清潔感溢れるその土に感嘆するに違いありません。

 

 

TIM-0103_big_02

BANKS Collectionの皆様、末永くよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

そしてこの場を借りてTOKYとBANKS Collectionさんを取り持ってくれた法花園の近藤さんに御礼を言わせてください。

 

 

「ありがとう、チャンさん!また飲みましょう!!」

 

 

磁器の可能性を探る

2016.12.15

“東京の陶器” だから当ブランド名は「TOKY (トーキー)」。

 

 

でも一部磁器も扱っています。となると「JIKY (ジーキー)」もありか。。。

 

 

そこは磁器も含めて「TOKY」でご納得していただけると助かります。

 

 

と言うわけでTOKY初のオリジナル磁器が完成しましたのでご紹介させてください。

 

 

pto-0001_01

名づけて…「Tooth Pot」そう、読んで字の如く歯の形をした鉢です。

 

 

え、鉢に見えない?そう…実は上蓋を外して受け皿にすることができると言う世界初!! (おそらく)蓋付きの植木鉢です。

 

 

pto-0001_06

植えるのは勿論、歯オルチア(ハオルチア)が個人的にオススメです。

 

 

植える深さを調整すれば上から蓋をすることもできます。蓋をしても何も起こりませんがそういったインタラクション性が園芸の世界に存在していないと思い作ってしまいました。

 

 

でもそれほど深さが無いのでハオルチアの様な太く長い根を持つ植物を植える際はあまり無理をせずお願いしますね。

 

 

pto-0001_07

歯の詰め物は純金と樹脂を混ぜたモノを塗り込み焼成すると金のみが浮き上がるという…どうでも良いところに時間と費用をかけてしまいました。

 

 

鉢は蓋と受け皿が兼用になった機能を持っているため鉢とのかみ合わせを実現させるためにかなりの時間と手間を要する見た目の可愛さに相反してハードコアな鉢なんです。

 

 

制作しているのは工事現場のショベルカーで土を掘り返している時に「お前は焼き物を作りなさい」と言う神の声を聞きいきなり陶芸家になった鬼才“土師吉田 (ハジヨシダ)”さんです。

 

 

d1c623_32816394aee2490db4c960a9dee8d893

吉田さんの作った陶板、だいぶ変態ですね…

 

 

TOKYは男臭いプロダクトもあれば女性的なものもある。でも少しだけ変なプロダクトもあったらいいなと思ってコラボレーションさせてもらいました。

 

 

磁器は通気性という意味で言うと植物の生育に決して向いている素材ではありません。

 

 

でも土の構成や管理する環境によっては普通に、普通以上に植物をイキイキとさせることだって可能です。

 

 

先日リリースされたこちらのプロダクトも実は磁器でできています。

 

 

Webストアでの発売は近日中となりますのでよろしくお願いします!!
 

 

 

 

 

Takehiro Ito Exvision 2016/07/16-17

2016.07.13

益子で作陶される伊藤丈浩さんのエキシビジョンをくる07/16-17の2日間TOKY東日本橋の実店舗で行うことになりました。

 

 

伊藤丈浩さんはスリップウェアで国内外にファンの多い陶芸家さんなのですが今回は特別に鉢のみの展示販売となります。

 

 

泥場の化粧土で描く特徴的な模様は芸術の域に達しており男女、年齢にかかわらず多くの陶芸ファンを虜にしています。

 

 

2日間という限定的なエキシビジョンですがご都合の合う方は是非TOKY実店舗を覗いてみて下さい。

 

 

DSC_0607

 

 

DSC_0596

 

 

DSC_0598

 

 

DSC_0600

 

 

DSC_0605

 

 

Takehiro Ito Exvison

2016/07/16-17 (2day’s) Open12:00~19:00

伊藤丈浩オフィシャルブログ

TOKY実店舗のご案内はこちら

 

新商品のご紹介

2016.05.18

プラントラバーのみなさま、こんにちは。

 

すっかり夏のような陽気と思えば夜は冷え込みが強い…難物と呼ばれる植物は耐寒性の低い植物が多いので十分に気をつけて下さいね。

 

さていろいろなアイテムを開発するTOKYですが鋭意色々なプロダクトを開発中です。

 

リリース前ですが幾つかちらっとご紹介しますね。

 

 

blog_field久々の新作Pot、その名も「Field Pot

 

イメージは8000m級の吹雪に覆われた山々の岸壁。

 

エベレスト、K2、ローツェ、チョ・オユー、マナスル、アコンカグア…

 

植物と無縁の世界、そして憧れを鉢に落とし込みました。

 

2色展開のリリース予定です。

 

 

 

 

blog_agaveそして人気のTシャツシリーズには「Agave 100% drink!!」が追加。

 

テキーラの原料と言えばアガベ、もっと言えばアガベ・テキラーナ

 

「テキーラ!!」というとクラブやパーティーでの罰ゲームなイメージですがしっかり味わうと…美味しい!!

 

TOKYでは公式ドリンクとして仕事が終わるとショットグラスで夜な夜な乾杯しているとかしていないとか。

 

葉が切られたテキラーナはまるでパイナップル!可愛いくてポップなデザインを着こなしてください!!

 

 

 

 

blog_m
アーティストMによるプラントアート「M’s Plant Art」シリーズ。

 

ある時はグラフィティアーティスト、ある時はDJ、そしてある時…いや彼は常に強度のプラントラバー。

 

そんなMにオーダーしたプラントアートの数々、ポップでキュート、だけれどどこかシニカルな印象を与える毒のあるタッチ…

 

描けそうで描けない、その境界線を描く男M。

 

初回はMによる原画を額に入れてお届けします。

 

 

 

 

blog_yonzo

四蔵さんステッカー(仮称)」

 

 

左上から「発芽 志多蔵」、「花芽 萌蔵」、「発根 酢流蔵」、「花 咲蔵」です。

 

例えば発芽するとき「はつがしたぞ!」という心の声を唱えると私の背後には漫画「J○J○の奇妙な冒険」のようにスタンドらしき謎のオヂサンが現れる…

 

彼らは髪型やヒゲなどの肉体の一部を植物のような形状に変化させる特殊能力を持つ。

 

そんな妄想を具現化した最高にクールなステッカーセットです。

 

 

「今日は花が咲いたから花 咲蔵さんの出番かな」

「絶対に発根させてやる、今日は発根 酢流蔵だ!」

 

 

そんなスタンド使い的な姿勢を視覚化したアイテムです。

 

 

 

 

blog_bag最後は「TOKY Original Gardenig Bag(仮称)」です。

 

TOKYのスタッフは常にハサミやテープ、ピンセットなどを携帯することが多い…

 

邪魔にならずに使い勝手が良くて、できれば街中でも使えるようなシンプルなデザインのガーデニングバッグは無いのか、、と探しましたが皆無!

 

ということで作ってしまいました。

 

BEAMSさんなどの革製品を作ることでも有名なBrownBrownさんにお願いしました。

 

フロントのボタンにはTOKYロゴを用いたオリジナルのコンチョも装備。

 

妥協することなくシンプルでさりげないギミックが盛り込まれたクールなガーデニングバッグができました。

 

勿論ちょっとした外出にも使える良いサイズ感です。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

随時入荷次第リリースしていきますので今後もTOKYを要チェックお願いします!

Rock Heavy Pot S “Flake”を実店舗でも販売いたします!

2016.03.16

Unknown-1

 

昨日Webストアで販売し早い段階で売り切れてしまいましたRock Heavy Pot S “Flake”ですが、今週末3/19(土)、店頭でも販売いたします。

 

Sサイズと画像のWebストアでは販売されなかった背の高いS+も販売予定です。

 

 

【販売に関してのご注意】
ご購入はS、S+いずれか、お一人様一点のみの商品となります。

 

尚、個別のお問い合わせには対応しておりません。メールでのお問い合わせに関しましては返信出来かねますのでご了承くださいませ。
また、店舗営業日以外にご来店いただきましても入店はお断りしております。店舗営業日をご確認の上ご来店くださいませ。

 

よろしくお願いいたします。

 

1 2 3 4

Recommend Items

  • PPP-0652_01

    Shaper Biri Pot S (D.gray)
    +
    Euphorbia tuberculata

  • PPP-0657_01

    Drape Pot (White)
    +
    Cephalocereus senilis

  • PPP-0656_01

    Stone Ware Mat Pot
    +
    Aloe erinacea

  • PPP-0655_01

    Drape Pot (White)
    +
    Dudleya xantii

  • PPP-0654_01

    Stone Ware Dig Pot
    +
    Sinningia leucotricha