• 会員登録 ログイン
"Cream"
陶芸家 中村拓哉さんによる全身にクリームを纏ったかのような可愛くもどこか毒っ気のあるハンドメイドポット。

クリーム状の釉薬は梅花皮(カイラギ)という手法で焼成不十分で鮫肌のような縮れが発生し偶然に生まれたと言われています。

その出所などに関しても情報が少なく謎の多い手法として知られています。

そして再現するのにかなりの手間と時間を使うため出来る陶芸家さんが限られることも特徴の1つです。

通常よく見られるカイラギは和のテイストが強く質感も味わいのあるものが多いですがこの鉢は可愛さを全面に打ち出したかったため敢えてつるんとした通常見ないカイラギの表現となっています。

形状もクリームと相性が良さそうなミルクポットのようなフォルムを長い間模索しました。

最大の特徴は高台の足部分、クリームがこびりついたような形状と足が融合し水はけの良さも確保しています。

あらゆる技法・手法を使い分ける中村さんから目が離せません。

Recommend Items

  • PPP-0652_01

    Shaper Biri Pot S (D.gray)
    +
    Euphorbia tuberculata

  • PPP-0657_01

    Drape Pot (White)
    +
    Cephalocereus senilis

  • PPP-0656_01

    Stone Ware Mat Pot
    +
    Aloe erinacea

  • PPP-0655_01

    Drape Pot (White)
    +
    Dudleya xantii

  • PPP-0654_01

    Stone Ware Dig Pot
    +
    Sinningia leucotricha