• 会員登録 ログイン
"Solomon"
日本六古窯のひとつ、愛知県常滑市で活躍する大原光一さんとのコラボレーション。

陶芸の世界で最も難しいと言われる急須を得意としている陶芸家さんです。
中でも陶芸の基となる原料の作りかたにとてつもない拘りと執念を感じます。

山から掘り出された好みの原土を基に粘土を作り。
様々な物質を掛け合わせ釉薬を作り。
そして薪を燃やし釉薬に入れる為の灰を作る。

大原さんは元々化学者を目指していたため素材の調合などにも独自の世界観を持っています。

その精神は素材だけでなく使用するガス窯にも現れており至る所から炎が噴出し好みの炎を作り上げるために本人の手により激しくカスタマイズがされています。

そこから作り出されたハンドメイドポットたちは素材の持ち味が最大限に引き出されています。

眼前には常滑の海が広がる牧歌的な風景の中、大原さんの工房からは激しい炎が今日も立ち上る。

Recommend Items

  • PPP-0652_01

    Shaper Biri Pot S (D.gray)
    +
    Euphorbia tuberculata

  • PPP-0657_01

    Drape Pot (White)
    +
    Cephalocereus senilis

  • PPP-0656_01

    Stone Ware Mat Pot
    +
    Aloe erinacea

  • PPP-0655_01

    Drape Pot (White)
    +
    Dudleya xantii

  • PPP-0654_01

    Stone Ware Dig Pot
    +
    Sinningia leucotricha