• 会員登録 ログイン
"Fused"
陶芸家 中村拓哉さんによる金継ぎと銀継ぎのワンポイントが可愛くも美しいハンドメイドポット。

コンセプトは“Fake Used”。

既存の植木鉢でもアンティークな加工がしてあるものは存在していますがファッションカルチャーで言うところのユーズドの世界観をハンドメイドポットに取り入れたいと考えました。

デニムで言えば破れた生地を糸や布でリペアする。

リペアというネガティブな印象さえ受ける文化をプラスに転換して陶芸と融合させる。

陶器が欠けた雰囲気を出すために金彩・銀彩で継ぎを行う処理を施し陶器も使い込んだような風合いを出すためにエイジング加工を施す。

ただ植物を植えるだけでなく昔から植わっていたような風合いを出しつつ継ぎを用いてワンポイントのデザインとして演出する。

継ぎが加わる事で焼成が増えますしエイジング加工も当然手作業、可愛らしいその姿と裏腹に陶芸家さんの苦悩が込められています。

若き頃に京都で修業した中村さんならではの様々な技法が封入されています。